介護資格を無料で取りましょう

介護職で各施設などで働くときには経験も大切ですが、
先ずは資格を取得することが長く働くコツでのひとつです。

一般に施設介護では、無資格と比べて初任者研修を取得するだけで
時間給が上がる施設が多いといってもいいと思います。

同じ時間働いているのに、無資格と初任者研修を比べると
時間給が50~100円高いというところもあるようです。

そればかりか、多くの介護職員は有資格者となっていますので、
同じ施設で働くにも資格の有無が何となく気がひけるという人も…

そこで、『若木ライフ初任者研修』では令和3年度第2回を
東京都が実施する「介護資格取得支援制度」の受託を受けて、
8月7日から(毎週土曜日・15日間)の受講枠の3名が
『無料(条件有)』で受講できます。

この機会にぜひ、受講申し込み下さい。

※ 詳しい条件については、
  東京都社会福祉協議会内の東京都福祉人材センター
  介護職員資格取得支援事業をご覧下さい。

初任者研修受講に先立って、事前の登録などが必要です。
介護職員初任者研修にご興味がある方は、
お早めに覗いてみてください。

特に、
・ 介護施設で働いた経験はあるが、現在は離職中という方
・ まだ介護施設等での介護経験もないが家庭や親の介護経験がある方
・ 介護業界で働いたことはないが、介護業界で働くことに興味がある方
など、現在「介護」に興味のお持ちの方なら、
ぜひ無料で受講してみましょう。

介護職員の初任者研修は東京都内でもいくつもありますが、
特別養護老人ホームが直接で行っている研修は多くありません。
まして、板橋区や練馬区・埼玉県和光市など、
お住まいのお近くで行われる研修は平日に限られることも多いはず。

ことに既に業界を問わず、何らかの会社で働いている方には、
週1回の受講でちょうどいいという方も数多くいらっしゃいます。

そんな方に向いているのが「若木ライフ初任者研修」です。
令和3年度第2回介護職員初任者研修を是非ご利用下さい。

若い介護職にも腰痛が起きがち

留学生の様子を見ていると
体調が思わしくないときに突発的に休む人も…
その理由を聞くと、「腰痛持ち」の若者のようです。

アルバイトであれ、正規の職員であれ、
突然休まれると困るのはどこの職場も同じでしょうが、
特にシフトで限られた人員をやり繰りする介護などの現場は困ります。

しかし、若者の中にも腰部に
しびれや痛みを慢性的に抱えがちになる人も多いようです。
日頃の生活では腰部の深層筋を緩める運動を行うことはありませんが、
そんな人の為にぜひ取り入れてもらいたいのが
からだ全体を緩める静的ストレッチです。

静的ストレッチ


ストレッチには、動かすことを行いないながらストレッチする
動的ストレッチと、じっくりと一定時間をかけてからだの部分部分を
ストレッチする静的なストレッチの2種類があります。

このうち、静的なストレッチを中心に、
時に動的ストレッチを行ってからだをほぐす、
特に静的なストレッチはからだを柔らかくするのに効果的です。

腰痛持ちやぎっくり腰をは発症する人を見ていると
案外からだが日頃から硬い人が多かったり、
そうでない人でも非日常的な生活から極度に披露しているときに
発症しているように感じています。

特に若い人で留学してきた人の中にも、
腰痛が悪化して帰国っせざるを得ないようになった人もいます。

けして慢性化する腰痛は、介護職だけに限った話ではありません。

とにかく、腰への負担が課題とならない範囲で、
まずはからだを動かすことからはじめてみましょう。

ときどき椅子などに両脚を持ち上げて
腰・膝を直角の90度にして10分、15分過ごします。
中にはそれまでの腰痛がすっかり消えた人もあります。

もちろんそれがすべてではありませんので、
基本は腰部を中心とするからだ全体の柔軟性だをお考え下さい。
静的ストレッチをお進めするのは、上記の理由からです。

介護職員…気になる体力

どんな職種にも共通することですが、
介護職はそれなりに健康にも、体力の維持にも心掛けが必要です。

長く働きたい人は当然のことですが、
ヘルスリテラシーを高めることが必要です。

まずは、ご自身の筋肉の多さを感じてみましょう。
案外少ないことにきっと驚くはずです。

特に気になる部位は「お尻と太もも」です。
もちろん他の部位にも大きな影響がでているはずですが、
その状態を顕著に表す部位ですので、確認してみましょう。

いずれも拮抗筋となる大腰筋やハムストリングスはもちろん、
下半身の筋肉を維持することが代謝率や免疫力にも大きな影響を及ぼします。

歩くだけでは、体力・筋力は維持できない

分かっていても「やらない・できない」と体力は衰えるばかりです。
しかも、筋肉は一定の負荷をかけないと太くなりません。
大きく衰えた筋肉には、徐々にできる範囲の負荷をかけて太くしていきたいものです。

特に中高年ともなると、個人差が非常に大きくなっています。
参考となる人を探して、見習うと出来なかったことも徐々にできるようになると思います。

健康寿命というと、イコール「健康」と思いがちですが、
定義の上では、実は「自立して生活できる体力を維持している人」だといいます。

もちろん一病息災などともいいますから、
病気の数は少ない方がいいに決まっています。

一説によると、高齢者でも毎日長距離を歩く旅をした人は、
自宅に戻った時にかかりつけ医が驚くほどに出立前の高血圧や高脂血症までも見事になくなり、『同年齢には珍しい健康体だ』と褒められたといいます。

これは単なるエピソードではなく、
現代人の生活習慣からくる健康状態を考えることが大切ではないでしょうか。

山梨県旧棡原村(現・上野原市棡原)は、かつて長寿村として知られていましたが、当時の生活は山間深く、自給自足の生活で、高齢者でも体を動かして田畑を耕していたようです。

当時は、地域特有の食事が健康長寿とかかわりが深いと考えられた時代もあるようですが、あらためて考えてみると筋肉と体力の関係は深いように思われます。

昨今は、人生百年時代と言われるようになりましたが、本当の健康を維持しながら、長寿を全うしたいものです。

健康であれば、ある程度の仕事はこなせるのではないでしょうか。
生きる上で仕事に趣味に、新たな目的・目標を掲げてみてはいかがでしょう。

はじめて介護職として働きたい方へ

中高年ではじめて介護職として働きたいという方が増えています。
介護職の仕事は他の職務に比べて、給与が大きく劣るというイメージがありますが、
現在は処遇改善手当てが支給されていることで一定の水準に引き上げらています。

介護施設,病院,人材派遣,職業紹介,介護職,ケアワーカー,

職場によって、雇用条件によって処遇改善手当ての支給の仕方が違うようですが、
介護職の俸給の底上げの大きな要因となっています。

処遇改善手当て

「働き方改革」が徐々に浸透してきていますが、
そのひとつ「同一労働・同一賃金」を目指していることで
介護職も底上げが図られていつと実感する人も多いでしょう。

基本給だけを見ると「低い!安い!」と思われるかもしれません。
しかし現在は処遇改善加算が支給されており、
介護職員はすべての護職員に支給されています。

ただし、その配分方法は事業毎に異なります。
毎月支給する方式をとっているところもあれば、
稼働年月で年齢や経験などを加味した昇給組み込み方式を採用したり、
ボーナス時期などに限って支給するなどという事業所もあります。

何かの事情で、途中で退職、転職することになると、
受け取ることができないことも生じてしまいます。
働く人からすると、毎月支給していて、できれば経験・年齢に関係なく
単純加算してくれる事業所を選びたいですね。

留学生たちの現状~新型コロナの影響

新型コロナウィルスの影響で、2020年3月に日本に入国し、
各種専門学校に入学する予定だった留学生たちはまだ一部が入国できていません。

ようやく日本語学校をはじめとして、
各種専門学校でも一部授業を再開し始めたところもあるようですが、
こうした新入予定者はやきもきしていることでしょう。

では通常なら長期休暇となる夏休みはどうなるのでしょうか。
残念ながら、専門学校のみならず、地域の小中学校など
ほとんどの学校が今年は大幅に短縮されそうですね。

特に、アルバイトや旅行などを計画しようとしていた10代後半の人には
ちょっと窮屈な夏休みとなりなりそうです。

その点からは気持ちをしっかりと切り替えて、
アルバイトの仕方や余暇時間の過ごし方も変えたいところです。

特に長期休暇中にしっかりアルバイトしたいという方もあったようです。
週40時間と平生の週28時間を上限にするのとでは、
週12時間も違いますから収入差も大きくなります。

その意味では定款などに長期休暇の在り方の規定ひとつで、
新型コロナウィルスでの外出規制中の就労には少々違いが出たようです。

A校では週40時間働けたのに、
B校では春休み期間後の在り方が長期休暇という位置づけが無いことから
週28時間しか働けないという差です。

この違いは定款などにおける長期休暇の位置づけ、表現の違いだったようですが、
誰でもわかりやす対応となっていないようです。

6月に入り、いよいよ多くの学校が始まりました。
留学生の方も、勉学の意欲に燃えて頑張ってください。