介護職員…気になる体力

どんな職種にも共通することですが、
介護職はそれなりに健康にも、体力の維持にも心掛けが必要です。

長く働きたい人は当然のことですが、
ヘルスリテラシーを高めることが必要です。

まずは、ご自身の筋肉の多さを感じてみましょう。
案外少ないことにきっと驚くはずです。

特に気になる部位は「お尻と太もも」です。
もちろん他の部位にも大きな影響がでているはずですが、
その状態を顕著に表す部位ですので、確認してみましょう。

いずれも拮抗筋となる大腰筋やハムストリングスはもちろん、
下半身の筋肉を維持することが代謝率や免疫力にも大きな影響を及ぼします。

歩くだけでは、体力・筋力は維持できない

分かっていても「やらない・できない」と体力は衰えるばかりです。
しかも、筋肉は一定の負荷をかけないと太くなりません。
大きく衰えた筋肉には、徐々にできる範囲の負荷をかけて太くしていきたいものです。

特に中高年ともなると、個人差が非常に大きくなっています。
参考となる人を探して、見習うと出来なかったことも徐々にできるようになると思います。

健康寿命というと、イコール「健康」と思いがちですが、
定義の上では、実は「自立して生活できる体力を維持している人」だといいます。

もちろん一病息災などともいいますから、
病気の数は少ない方がいいに決まっています。

一説によると、高齢者でも毎日長距離を歩く旅をした人は、
自宅に戻った時にかかりつけ医が驚くほどに出立前の高血圧や高脂血症までも見事になくなり、『同年齢には珍しい健康体だ』と褒められたといいます。

これは単なるエピソードではなく、
現代人の生活習慣からくる健康状態を考えることが大切ではないでしょうか。

山梨県旧棡原村(現・上野原市棡原)は、かつて長寿村として知られていましたが、当時の生活は山間深く、自給自足の生活で、高齢者でも体を動かして田畑を耕していたようです。

当時は、地域特有の食事が健康長寿とかかわりが深いと考えられた時代もあるようですが、あらためて考えてみると筋肉と体力の関係は深いように思われます。

昨今は、人生百年時代と言われるようになりましたが、本当の健康を維持しながら、長寿を全うしたいものです。

健康であれば、ある程度の仕事はこなせるのではないでしょうか。
生きる上で仕事に趣味に、新たな目的・目標を掲げてみてはいかがでしょう。

留学生たちの現状~新型コロナの影響

新型コロナウィルスの影響で、2020年3月に日本に入国し、
各種専門学校に入学する予定だった留学生たちはまだ一部が入国できていません。

ようやく日本語学校をはじめとして、
各種専門学校でも一部授業を再開し始めたところもあるようですが、
こうした新入予定者はやきもきしていることでしょう。

では通常なら長期休暇となる夏休みはどうなるのでしょうか。
残念ながら、専門学校のみならず、地域の小中学校など
ほとんどの学校が今年は大幅に短縮されそうですね。

特に、アルバイトや旅行などを計画しようとしていた10代後半の人には
ちょっと窮屈な夏休みとなりなりそうです。

その点からは気持ちをしっかりと切り替えて、
アルバイトの仕方や余暇時間の過ごし方も変えたいところです。

特に長期休暇中にしっかりアルバイトしたいという方もあったようです。
週40時間と平生の週28時間を上限にするのとでは、
週12時間も違いますから収入差も大きくなります。

その意味では定款などに長期休暇の在り方の規定ひとつで、
新型コロナウィルスでの外出規制中の就労には少々違いが出たようです。

A校では週40時間働けたのに、
B校では春休み期間後の在り方が長期休暇という位置づけが無いことから
週28時間しか働けないという差です。

この違いは定款などにおける長期休暇の位置づけ、表現の違いだったようですが、
誰でもわかりやす対応となっていないようです。

6月に入り、いよいよ多くの学校が始まりました。
留学生の方も、勉学の意欲に燃えて頑張ってください。

派遣職員に交通費支給

インターネットなどからは交通費が支給されていない派遣会社もあるように見受けます。スタッフプール板橋では、公共交通機関などを利用する派遣職員にちゃんと「交通費」を実費で支給しています。

交通費を給与に含む場合と、別に支給する場合とでは所得金額に違いが出るようです。現在1月の交通費の支給金額の非課税の上限は15万円まで引き上げられています。

もちろん介護職・看護職などの方は比較的お近くからの通勤が多いようですから、こうした大きな恩恵は特にないと思われますが、それでも交通費は非課税として取り扱われますから、無用な所得として換算することを免れることになります。

派遣職員として働きたい、働き口を自分で探すより、新たに「介護系の職場」職場で働きたいという方は、ぜひ『スタッフプール板橋』にお申し込み、お問い合わせ(担当:渡辺、電話03-3933-3900)ください。

なお、担当者が不在でもメール(jinzai@shinryukai.org)でもお問い合わせいただけます。事業所がある板橋区や練馬区、北区などにお住まいの方からのお問い合わせが多いですが、お隣の埼玉県にお住まいの方からもご連絡いただいています。

高齢者向け介護施設などの種類

高齢者向けの介護施設などといっても、介護保険施設もあれば、有料老人ホーム、小規模多機能施設などもあります。種類が多くて、利用する側は分からない方が多いようです。

まずは「介護保険施設」についてですが、3種類あります。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは、ひろく「特養」と称されます。
社会福祉法人信隆会の主要事業のひとつともなっていますが、東京都では80床以上の規模の施設が多いようです。要介護3以上の介護度が高い方が入所する施設で、介護職員から介護を受けながら長く住むことができる施設です。
但し、慢性疾患などの病気の状態によっては病院に一時的に転送されます。

介護療養型医療施設

いわゆる療養病床のことですが、2024年3月までに廃止される予定です。想定ではこの施設は一時的な療養場所と想定されていましたが、現実には他に行く施設がなく、結果的に長期間にわたる寝たきりの方が増える状況にあります。
北欧では早くから寝たきりゼロが実現されていますが、医療機関側のリハビリの役割が果たされていない状況が浮き彫りとなった形です。

老人保健施設

いわゆる老健と呼ばれますが、上記の療養病床よりもさらに介護要素が強い施設で、医師や薬剤師、看護師、介護職の配置基準や実際の規模などに違いがあります。しかし、レクリエーションルームやサービスステーション、調理室があったりと、利用する人たちへの対応として療養病床との生活支援での位置づけが異なります。

構造設備基準

上記、介護保険三施設では1人当たりの確保すべき面積も異なります。医療から介護に向かいにつれて1人当たりの面積は大きくなり、療養病床/療養病床6.4㎡、老健施設/8㎡、特養/10.65㎡となっています。
つまり、生活しやすくする配慮ともいえます。